上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

福島原発復旧作業の社員ら28人、累積100ミリシーベルト以上浴びる

東京電力は14日、東日本大震災に伴う福島第1原発(福島県大熊町、双葉町)事故の復旧作業に当たった社員らのうち、累積100ミリシーベルト以上の放射線量を浴びたのは28人に上ったと発表した。
最も多かったのは先月24日、3号機のタービン建屋地下の水たまりで被ばくした協力会社の男性社員で、198.24ミリシーベルトだった。
通常の被ばく上限は累積100ミリシーベルトだが、厚生労働省は先月、同原発事故の対応に従事する作業員に限り、特例として上限を250ミリシーベルトに引き上げている。
東電は100ミリシーベルト超を浴びた作業員についても、「国の基準を下回っている」として引き続き復旧作業に当たらせる方針。
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2011041400833

このときのために250ミリシーベルトに民主党政府は引き上げたのだろう。
作業員の方達は250mシーベルトになるまで帰してもらえないのである。人間の生命の尊厳など無視、まるで中国のようだ。
15万マイクロシーベルト(150ミリ)で男性生殖器機能の一時的喪失と言われている被曝量だ。
被曝による健康被害は確率なので、因果関係はない、などいくらでもいい訳出来るのを悪用しているだけである。

浜岡原子力発電所で作業員 嶋橋伸之さんの壮絶な闘病死 50.63ミリシーベルトで白血病
http://cahotjapan.blog103.fc2.com/blog-entry-822.html

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
【送料無料】核燃料サイクルの闇

【送料無料】核燃料サイクルの闇
価格:2,415円(税込、送料別)






[ 2011/04/15 09:20 ] 原子力発電所関連 | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。