上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

愛国カルトや朝鮮人が日本人を利用する目的

ネットの中には自分が幸福の科学であることや朝鮮人、反日帰化人であることを隠しながら日本人に近づいてくる方々がいる。その目的は寄付金などの金銭、そしてもう一つ重要なのが「スピーカー」としての利用である。
これに気づかないでいつの間にか反日朝鮮人・カルトの思惑通りに誘導され過度な雅子妃殿下批判、幸福の科学による創価学会批判をただでやってくれるスピーカーが出来上がる。
不思議なことにツイッターを見ていると「雅子様叩き」と「創価叩き」をセットでやっている方が多く、しかも一定のグループだったりするのだが恐らく善人ぶった人間が中心となって影で騙されやすい人を誘導しているのだろう。

私の考える皇室
現在の皇室を見れば誰でも「雅子妃殿下はあのままでいいのだろうか」と思うだろう。
しかし今日の皇室への批判は雅子様一人の問題ではなく、もっともはっきりした原因は日本が戦争で負けて「開かれた皇室」になってしまったことに起因しているのである。
なぜGHQは日本の皇室を開かれたものにしたのか、その目的はゆっくりとした「皇室の堕落」を目的としているからである。
さすがのアメリカも天皇を処刑したり皇室を廃止することはできなかった。なので開かれたものにし一般からお妃を迎えさせ長期的な皇室廃止をもくろんだのである。(井上太郎氏、ぱくらないでください。注)私たちはあのような集団の仲間ではありません


そんな中で日本人のふりをして皇室を語っている者、朝鮮人に操られる愛国カルト信者には絶対にわかるまいが、現在の皇后である美智子様でさえ長い間週刊誌などでバッシングをされきたことと現在の雅子様叩きは同じである。
ご成婚当初からあの美智子様でさえ雅子様同様に執拗に叩かれ、乳母制度をやめたことも背後のアメリカの圧力があるにも関らず、美智子様の一存であるかのように報道され「やっぱり一般からお妃を迎えるとロクなことがない」とバッシング。

そのような状況の中、雅子様は紆余曲折あって皇太子とご成婚されたが「全力でお守りする」という言葉は実に深い意味があると考える。
中には「美智子様が立派な方だったから一般からのお妃でも皇室はうまく言っている、しかし雅子様では…」という方もいるが、果たしてそうだろうか。本当にご立派だったのは間違いなく現天皇陛下である。

終戦後GHQによって皇室が開かれ、その皇室と美智子妃殿下の間にいた当時の皇太子様の立ち振る舞いや美智子様やご家族への決め細やかな愛情、並々ならぬ配慮があったからこそ現在の皇室がある。

雅子様叩きを続けている連中の目論見は「雅子様で皇室はこれから大丈夫なのだろうか」とぼんやりした不安を持っている層に働きかけてゆくゆくは「もう皇室なんていらないのではないか」という風潮を作り出すことである。
そのためにはわけのわからない「コリアンベイビーの像」を持ち出して「雅子様=創価学会・朝鮮人」というレッテルを張りバッシングさせようと画策する。
ここでなぜ「創価学会」が出てくるのか、そこを考えれば雅子様叩きをどのカルトがやっているのか、おわかりだろう。

なぜ何かと田母神氏について回るデヴィ夫人が紀子様を持ち上げ、雅子様を叩くのか。この方は紀子様を特別重要視しているわけではなく、雅子様を叩くために比較対象として持ち出しているのだろう。
愛国カルトの正体も雅子様叩きをやる団体もアントニオ猪木もデヴィ夫人も突き詰めていけば北朝鮮(朝鮮総連)へとつながるのである。

そうやって自分の頭で考える能力をなくした人達はスピーカーとして利用され、中身が何もないツイートを「人がしているから、仲間がしているから」という感覚でRTして宣伝し、裏では朝鮮人に笑われているのである。

以上のことから、開かれてしまった皇室をもう一度閉じた皇室へ戻すことは不可能なことを考えると、私たち日本国民が皇室に対して口汚くバッシングすることを控えなければならない。
この問題は雅子様一人の問題ではなくこれから先も続くであろう一般からの皇室へ嫁がれる妃殿下に対しても寛容な心が必要なのではないだろうか。



悪口を言わされている方へ
これは何も皇室問題だけではなくスピーカーとしての利用は悪口にも利用される。
「アイツは悪いやつだ」と吹き込まれて単純にそのように思い込み、攻撃の駒として利用されている方。
自分自身がその人物や団体から何か不利益を被ることがあったならば攻撃するのは至極自然なことであろう。

しかし、実際には自分は部外者で特定の人物から「アイツは悪だ」といわれたことで「悪なんだ」と思い込んで攻撃をしているのであればとんでもない愚か者である。
日本人をスピーカーとして利用する者は用意周到にその人物がどれだけお人よしなのかを見抜き近づいてくる。
ましてやネット上に「私はウツ病です」などと書いている人はいち早く目的利用として目をつけられる。

昔からカルトの手口はうつ病患者・精神が不安な人を利用しており、一般社会ではどうしても友人ができないというその状況を利用して、親切に近づいて仲間として受け入れて同類がいることにも安心感を感じてカルトから抜け出せなくなっていく。

その人物が自分のいる団体に疑問を感じ始めたらツイッターなどで別のアカウントを使い集団で攻撃をしているのも見受けられる。
わざわざウツ病の人に対して「個人情報をちらつかせての脅迫」をし怖がらせ、相手が精神錯乱に陥っていくのを楽しんでいるような反日帰化人、これは一人だけではない。

恐らく今現在、愛国カルトに騙されている人に対して「あなたスピーカーとして利用されている」といっても自分は絶対に違うとおっしゃるだろう。しかし、それは自分も反日に協力していることに気がつくべきである。

追伸
自覚のないままカルトに染まっている方たちの特徴は「誰かが良い」といったことを何も考えずに真似することである。
また、日本人の感覚・歴史観がないのに日本人のふりをしている者は、日本人と思われる人物のまね・盗用を繰り返して日本人になろうとするがそもそも「盗用・真似」をすることが日本人の感覚ではない。
ネットを見ればそれら朝鮮人の口癖は「良いと思ったものは盗む・取り入れて当然」と綺麗ごとを言って開き直るのが特徴。韓国人を見たら「盗人」だと思えとはよく言ったものである。彼らは真似と盗みが得意。

中には彼らなりすまし日本人は正体がばれるのを恐れ、ある特定の人物のプロフィールや名前をそのまま利用してその人物であるかのように振舞うものも出現している。これは左右の両方に存在し手口は同じである。

バクるは朴さんが語源?
https://twitter.com/search?q=%E6%9C%9D%E9%AE%AE%E4%BA%BA%20%E3%83%91%E3%82%AF%E3%82%8B&src=typd&lang=ja

皇室へのソボクなギモン (扶桑社文庫)

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村


[ 2014/12/11 17:05 ] 愛国カルトの嫌がらせ | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。