上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

トランプ大統領に振り回される日本

アメリカではろくでもない人物が大統領になり、脱知的主義を掲げ「ホンネで発言することはいいことだ」といわんばかりに、過激発言を繰り広げている。
一部のまったく自分で一次ソースを調べることをしないいわゆるネトウヨはなぜかトランプ大統領を、まるで自国のリーダーのように支持している様はまさに扇動された愚かな集団のさらに残骸を思わせる。
自分たちの思想とトランプの排他主義敵思想が同じであったとしてもそれはアメリカでの話。
アメリカのトップがそのような考えであるということはいつ日本にその刃が向けられるのかわからない危険な状況を示しているのだが、彼らにとっては移民攻撃するトランプと自分たちの在日嫌いが重なって見えており、トランプは正しい、応援するべき、となるのだろう。

恐らく日本とアメリカは過去の日米貿易摩擦時代のような関係となると予想する。
その理由はトランプの頭の中は20年前で停止していること、さらに彼は政治家ではなくビジネスマンであること。
安倍総理はウインウインを引き出したいと希望しているが、トランプにはその頭はなく、相手に勝利させるのは論外、自分が勝利することが正しい、といったビジネスの基づく考え方が根底にあり、これはロシアのプーチンと相通ずるものがある。

一旦褒めた相手を翌日にはツイッターで攻撃するなどの気まぐれさも垣間見られることから、安倍総理とゴルフで盛り上がったとしてもすぐ心変わりをする可能性も秘めている。
側近の中にはそういったトランプの替わりに弾受けの役割をする人物が出てきており、あちらの報道ではトランプではなくその人物を攻撃するものも見られる。
とはいうものの、その側近にはトランプと距離を置き始めた人も出始め、最終的には、大半がついていけずにこの大統領は孤立するだろう。

【送料無料】戦後日本の闇を動かした「在日人脈」

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村


[ 2017/02/08 10:15 ] アメリカに関するもの | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。